『男の産後うつ』になったようだけど女装したら治ったみたい

自分が癒やされれば、家族も癒やされる。

私が癒やされれば、家族も癒やされる。そんな関係を模索するブログ。

イライラの背後にある期待と不安を認めると、自分が楽になる

私が男の産後うつ絶頂期だったころのこと。

家族3人でお出かけするとき、子どもちゃんが奥さまに抱っこをせがむと、なぜかイライラした気持ちになったことがあった。

心がとても狭いでしょ💦

 

続きを読む

女装をすると、男性が怖くなった私

先日、ツイッターで、ある女装娘さんのこういうつぶやきを見た。

 

 

私も同じように思ったことがあるんだよね。

(女装子さんによっては、なんとも思わない人もいるらしい)

不思議だよね。何十年も男をやってきたのに、ただ服を変え、化粧をするだけで、男が怖くなるんだから。

続きを読む

ソ連の思い出(80年代を中心に)

今、とあるCIS諸国に来ているというのは、昨日も書きました。

CIS諸国というのは、旧ソ連構成国のこと。私、CIS諸国に来たのは初めてなんですよね😊宿泊しているホテルもソ連時代に建てられたものらしく、街のそこかしこにソ連の記憶が残っています。

といっても、ソ連が崩壊したのは1991年で、たった26年前のことだもんね。

 

ソ連が健在だった、私が子どもの頃(80年代)。私が思っていたソ連のイメージは、めちゃめちゃ遠い国。今でいうと北朝鮮には簡単には行けないと思うのと同じように、まさか私がそこへいくことができるとは想像もしていなかったな。

というわけで、あの頃のソ連を振り返ってみたいと思います❗😊

(このブログは説教オカマブログなのに、とても許容できないほどの脱線💦)

続きを読む

CIS諸国のひとつに来ています

出張で、とあるCIS諸国に来ています。

いやまあ、どこの国だか言ってもいいのだけれども、なにぶんドマイナーな国に特殊な用事で来ていて、身バレの恐れがあるために、当面は伏せておきます。

(顔出し女装をしていながら、こういうことを恐れる私💦)

 

というわけで、どこの国なのかわかっても、内緒にしておいてね♡

 

CIS諸国って、最近じゃ言わなくなったね。

ご年配の方々には、旧ソ連といったほうがわかりやすいかもしれません。

ちなみに今回の出張の同行者は、生まれたときにはソ連はもうなかった世代の方なので、懐かしのソ連トークができずにモヤモヤしています😅

(懐かしのソ連トークってなんだ❗❓)

 

はい、こんな町並みです😊

時差ボケで早く目が覚めたので、払暁の町並みをお届けします。

f:id:minaminakun:20170818121311j:plain

 

緑が多く、水が豊富。

f:id:minaminakun:20170818121315j:plain

 

とにかく道が広い!

名古屋よりも道が広い!

f:id:minaminakun:20170818121321j:plain

 

カフェでカプチーノを頼んだら、標準でデザインカプチーノだった件。

これ、日本円で120円くらいかな❓

f:id:minaminakun:20170818121318j:plain

 

これから数か国を周り、あと10日ほどで帰国の予定です。

通信環境がいまいちなので、皆さんのブクマ、コメント、ブログをタイムリーに読むことができていません😫

ご容赦くださいね😉

 

спасибо большое!