『男の産後うつ』になったようだけど女装したら治ったみたい

自分が癒やされれば、家族も癒やされる。

私が癒やされれば、家族も癒やされる。そんな関係を模索するブログ。

男の産後うつ

感情がマイナスからニュートラルになる

私は毎月一度、カウンセリングに通っています。 しかしここ半年、カウンセリングの場では、カウンセラーさんと雑談ばっかりしている。 その理由は、あまり深刻に相談したり、愚痴を言ったりするネタがなくなっていて、うつ症状が最高潮の時と比べると、かな…

私の「男の産後うつ」発覚と通院について

私が「男の産後うつ」だったなと思う期間は、子どもちゃんが生まれてからほぼ4年間。症状は子どもちゃんが生まれてから発生していたけれども、波があった感じかな。 根本的なきっかけは、子どもちゃんが生まれたことだけど、引き金になったのは産後まもなく…

【病みながら生きる意味】多様性やマイノリティの世界にちょっぴり共感的になる

私がうつ(男の産後うつ)になって、自分でも「変わったなー」と思う点の一つに、多様性やマイノリティについて、ちょっぴり共感的になった、ということがある。 うつになる以前も、表面的にはわかってたのよ。表面的にはね。 だけど、うつになってからは、…

私の完璧主義と、父親の不倫

突然ですが、私は重度の完璧主義者です。 こないだ読んだネットの記事によると、完璧主義者が行き詰まっていくプロセス、というものがあるのだそうだ。 完璧主義とイライラ&怒りとの無視できないレベルの深い関係| 求める理想が高く、高い目標を掲げる そ…

【産後クライシス失敗談】自分の怒りが理不尽だと気づいても止められない

自分は正しい――。 多かれ少なかれ、誰しもそう信じて生きているんじゃないかな。 もちろん私もそう。 なかなか「自分は間違っている」と認めるのは難しいよね。歳をとるとなおさら💦 そんな中でも「これはさすがに私、間違ってるだろ」と自覚した時の話をした…

私自身が幸せになること抜きに、円満な家庭を築くことはできない

私が小学校高学年くらいのころ、家族でドライブに出かけた帰りのこと。 どういう話の流れからこんな発言が出たのかは覚えていないけれども、私のパパとママの前でこういうことを言った。 僕が大人になったら、お嫁さんの言うことは全部聞いてあげる。そして…

【産後クライシス失敗談】誰かに意見されると、自分が否定されたと自動的に感じる

男の産後うつ真っ只中でやっかいだったのが、誰かに意見されると、自分が否定されたと自動的に感じる私の思考のクセだった。 特に奥さまとの関係で、この思考のクセがよく発動して困った💦 こんなダメな私の失敗談を、教訓として伝えたいと思う。

子育て男性が、仕事の成果を落とさずに労働時間を減らすなんて無理じゃないの

子どもちゃんを保育園に迎えにいくため、ここ2~3年は定時で会社を出ている私だけども、職場のおじさんに、 「ミナオくんは、家族サービスに熱心だね」 と言われたことがある。 ん❓家族サービス❓❓ 「家族サービス」って言葉は「普段は忙しいし、俺の役割じ…

男の敵は女じゃないし、女の敵は男じゃない。打ち破るべきものは「らしさ」

私、恥ずかしながらSHELLYさんという女性タレントのことは知らなかったのだけれども、なかなか面白い考え方をする人だと、この記事を読んで知った。 headlines.yahoo.co.jp この記事、タイトルがいまいちよくない。 「性教育」というキャッチーなキーワード…

『自分さえ我慢すれば丸く収まる』という危険な考え方

私は子どものころから「自分さえ我慢すれば丸く収まる」と思っていた。 例えば小学生の頃、お兄ちゃんから財布を盗まれたことがあった なぜお兄ちゃんが犯人だとわかったかというと、お兄ちゃんの机の中から、空になった私の財布が出てきたから でも私は、お…

私の代わりに怒って泣いてくれた女性のこと。人は意図せず癒やしあって生きる。

私が男の産後うつから抜けたと感じられた瞬間があった。 それは私が、ゲシュタルト療法の集団セラピーで「エンプティ・チェア」という技法に出会ったときのこと。 そこである女性が、私の代わりに怒って泣いてくれたことがあった。

イクメンの人たちに聞きたい。辛いこと苦しいことはないの❓

先日、愛読しているクラタイクツさん(id:kurataikutu)の投稿で「知られざるパパ友の世界」という面白い投稿があった。 (クラタイクツさん、また言及させていただきました) www.mamazero.com その中で「くすぶれ!こじらせ非イクメン系」というキーワードが…

「ここから子どもちゃんを投げ落としたら……」と毎日思っていた私

まだ子どもちゃんが0歳児の夜泣き真っ盛りころ。 寝かしつけのために、毎晩のように深夜、部屋の中やマンションのベランダを、抱っこしながら歩いたことが何度もあった。 そのたびごとに「このまま子どもちゃんを(ベランダから)投げ落としたらどうなるだ…

父が不倫相手と同棲しているのを止めに行った時の話

それはまだ私が家族を信じていた頃。 6月のとある土曜日に、産まれたばかりの子どもちゃんを見に、私のパパが遠方から✈️やってきた。 子どもちゃん(パパから見れば初孫)との対面を翌日に控えた晩、私とパパは男二人で飲みに行ったの。 「お前もとうとう親…

「イクメンになれよ」と自分で自分を脅していた話

子どもちゃんが産まれた時、いやもっと前から、私は「イクメンになろう」と頑張っていた😫 頑張っていた、というのは正確じゃないかな。もっというと「イクメンにならなければ、自分の存在意義はない」とまで思っていたかも😅

「男の産後うつ」ででてきた身体症状

うつ病を患った人はわかると思うけど、ココロだけでなくて身体にも症状があらわれるよ。私の場合、不眠と閃輝暗点が症状だったかな。

初心者でも5分でわかる「男の産後うつ」

安っぽいタイトルでゴメンね~😅 こういうタイトルが、アクセスを集める秘訣なんだって昨日知ったもんだから、つい使っちゃった😊 ホントに5分でわかるように書けるかどうかは私次第よっ!

本当は「仲の良い夫婦」でいたくない

私の場合、心底では奥様と「仲の良い夫婦でいたくない」と思ってるんじゃないかな 私は不仲の両親のもとで育った。母は統合失調症、そんな母に疲れたからか、父は浮気に走った そんなんだから、毎日のように両親はケンカばかり。それを見て「仲の良い夫婦に…

ガルガル期の夫婦いざこざ

ガルガル期の夫婦いざこざについて、こういうのがあった 小町や知恵袋もそうなんだけど、こういうのは見ないほうが自分のためよね。(リンク張っておきながらなんなんだけど) 当然だけど、男は男の肩を持つし、女は女の肩を持つし、自分のパートナー像を質…

DV加害者のためのメンズワークショップへ行ってみた

奥さまへの精神的DVではないかと疑う どうしても奥さまとまともに話ができないし、無視をしたり、ドアをバタンと閉めたり、食器をガチャガチャと洗ったり、きつく当たるようになってきた これって…… もしかして…… DV!? と思った私は、ネットで見つけたDV加…

きっかけは奥さんのガルガル期

ガルガル期とは? 産後、女性はホルモンバランスが変化することで、周囲の人に攻撃的になったり、イライラしたりすることを言うそう。主な対象は、夫(!)や夫方の両親なのだそうで……。 うちの奥さまの場合 キレるポイントがよくわからないところでキレるこ…

男の産後うつってどんな症状?

私の「男の産後うつ」 人によっていろんな症状があると思うけど、私の場合は寂しいっていうのが一番だったかな。。 誰にもわかってもらえなくて、必要もされなくて、奥さんまでも敵に見えて、よく一人で泣いてた 子供が生まれてすぐそうなって、まあ寂しい気…