『男の産後うつ』になったようだけど女装したら治ったみたい

自分が癒やされれば、家族も癒やされる。

私が癒やされれば、家族も癒やされる。そんな関係を模索するブログ。

妻が夫にキレるのは「私はちゃんとやってるけど夫はやってくれない」が原因

【スポンサーリンク】

もう一年近く前なんだけど、面白い番組をやってた。

www.nhk.or.jp

 

 

今日の目次です😘

 

 

役割意識の違いが「キレる」を生む

うちも子どもちゃんが生まれて、夫婦関係が激変した😔

奥さまがキレやすくなったのと同時に、私も同じくらいキレやすくなって、今までの夫婦仲はなんだったんだ?というくらい、関係が変わってしまったよ……。

 

この番組では、男女の脳の違いからその理由を解析したようだけど、私はその背景は、男女の役割意識の違いじゃないかな?と思っている。

女性には、家庭に入らなければならないという旧来の役割意識と、男性並に働くべきという近年の役割意識の、両方が混在してるよね。👩

でも男性は、家庭に入らなければならないという役割意識は世間には薄く、まだまだ仕事さえしていればよいという風潮があったりする。👦

その男女間の役割意識のギャップを感じ取った女性が、男性に大きな不満を抱くという構図なんじゃないかな?

 

その根拠……というほどでもないんだけど、こんな記事もあるの。学級崩壊は、「私はちゃんとやっているけど、あの人はやっていない」という意識をもった子が多いとおきるんだって。

president.jp

 

荒れる家庭でも一緒じゃない?「私はちゃんと仕事と家事・育児を両立してるのに、夫はしてくれない」って思ったりするでしょ。

だから、男女の役割にまつわる不平等さにキレているんじゃないかな。

 

女性装やってる私だって「役割」に縛られている

女性装やってる私だって「役割」に縛られているなーと思うことあるよ。

(まあ、男らしさに縛られているのがわかってるので、その解決策として女性装やってるとも言えるんだけど)

 

具体的に言うと、女性(奥さま)からの意見を真正面から受け止める度量がないのよね。女性(奥さま)に批判されると逆ギレしちゃう😅

「男は女をひっぱっていくものだ」「女は男に従っていれば間違いない」という役割認識を、心の中で持ってるんだろうね。最低よね。私自身が抱える、潜在的な女性蔑視の思いもあることは、正直に認めます。😔

 

つまり私の家では

奥さま「なぜ私だけが仕事も家事も育児もしなければならないの!?」

私「女のくせに偉そうに男に意見するな!」

という、議論の咬み合わないせめぎ合いを繰り返していた、ということなんじゃないかと思う。

こりゃお互いの不満が噛み合ってないなーと気づいた時に話し合いをしたんだけど、どこまでお互いが本質的に納得できたかはわからない。

 

尻を掘られるか、女性装をするか……

「他人と過去は変えられない」というので、奥さまを変えよううとするんじゃなく、まずは私が持つ女性蔑視の思いを認めた上で、それを取り払うしかないと思う。

いわば世間一般的な「男らしさ」からの脱却。その手段は、安冨歩先生ならば女装だし、AV監督の二村ヒトシならば尻を掘られることなんだと思う😅

 

尻を掘られるのはちょっとなあというわけで、やっぱり女装なのよ!😘