『男の産後うつ』になったようだけど女装したら治ったみたい

自分が癒やされれば、家族も癒やされる。

私が癒やされれば、家族も癒やされる。そんな関係を模索するブログ。

自分が癒やされれば、家族も癒やされる(このブログの目指すところ)

【スポンサーリンク】

ようこそ、この変なブログへ。

このページでは、このブログの基本方針(目指すところ)を紹介します。

 

このブログを読んでほしい人

家事や子育てに一生懸命だけれども、夫婦関係や親子関係がなかなかうまくいかない人。男女問わず、働いている人が中心になるかな。

 

つまり私みたいな人なんだけどね😅

私が読みたいブログを書いているつもりなんだけれども、同じような境遇の人がいたら、私の事例を参考にしてほしいとも思っています。

 

このブログの目指すところ

家事・育児にまつわる「心のいびつなトゲ」がなくなることを目指したい。

 

どういうことか、順を追って説明しますね。

 

人は氷山みたいなもの

まず大雑把にいうと、人は「氷山みたいなもの」だと思っています。

f:id:minaminakun:20170507050841j:plain

氷山の水面に顔を出している部分が、家事・育児のテクニック

例えば、料理のレシピや洗濯物のたたみ方、おむつの換え方、あやし方などなど。

このあたりのテクニックは、本やネットにゴマンと情報があるね。

 

そして水面下には、家事・育児に対する考え方がある。

例えば、子どもは叱って育てるとか、褒めて伸ばすとか、そういうものかな。

また、家事は女がするもんだとか、男は外で稼ぐことが優先だ、とかいうのもあるね。

この考え方というものが非常に重要で、いくらテクニックを本やネットで仕入れたとしても、それを活用できるかどうかは「考え方」次第。

例えば、家事は女性がするものだと思っている男性は、いくら包丁の使い方に熟達し、レシピもよく知っていたとしても、料理をすることはないでしょう。

 

そしてこの考え方には、生まれてからこれまでの人生の中で経験した物事によって、いびつなトゲもある。

例えば、自分の父親が母親に暴力を振るっているのを見て育ったとする。

そうすれば(水面下なので、自分でも否定するだろうけど)、意に沿わないことがあれば、つい暴言や暴力に訴え出てしまう、ということもある。

このいびつなトゲは、多かれ少なかれ、誰にでもあるものだと思う。

 

氷山が家族になったらどうなるか

氷山が家族を形成すると、こんな具合になるんじゃないかなと思っている。

 

f:id:minaminakun:20170507051828j:plain

水面下にある「考え方」は、本人にも見えにくい上に、他人(奥さまや子ども)からはなお見えにくいもの。

だから、ついうっかり、ぶつかってしまうことがある。

特に心にいびつなトゲをたくさん持っている私のような人は、ぶつかりやすい。

ぶつかってしまい、家族に嫌な思いをさせたり、自己嫌悪を繰り返すことで、家族仲が悪くなるし、私の場合はうつになった。

 

だから「よくコミュニケーションをとって、ぶつからないような距離感を保ちましょう」と、一般的には夫婦・家族間のコミュニケーションが推奨される。

ここまでは、本やネットでも、よく見かける論調だと思う。

 

でも、私はそれだけでは足りないと思っている

そもそも、ぶつかる原因となっている「心のいびつなトゲ」をなくさなければ、トゲの長さの分だけ、家族と距離が開いたままになるから。

そして、そのトゲを抜く方法というのは、本やネットでは誰も教えてくれない。

 

私はここが大きな不満だった。

 

家事・育児にまつわる「心のいびつなトゲ」をなくす

そういう理由で、私のブログでは、家事・育児にまつわる「心のいびつなトゲ」をなくしたり、小さくしたりする方法(つまり自分を癒やすということ)を中心に、載せていきたい。

 

タイトルからもわかるように、私にとってその方法の一つが「女装」だったわけだけれども、必ずしも女装を推奨しているわけではない。

私にとって女装とは、自分の中にはびこる「男はこうあるべき」をなくすための手段だから、女装以外にそのような方法があれば、当然それも紹介したい。

 

私のオリジナリティがある範囲内では、家事・育児のテクニックも伝えていくつもりです😊

 

「自分のトゲ」を抜くことが目的で、他人の考え方・トゲの矯正は扱わない

配偶者や子どもといった他人の考え方、心のいびつなトゲを矯正する方法は、このブログでは原則扱いません。

他人の心を変える方法は、ないと思っているから。

他人(特に配偶者)の考え方、心のいびつなトゲが気に入らなくて、矯正してやりたいと思っている人もいると思う。

私も昔はそうだったから。

 

でも、自分のトゲを抜く(自分を癒す)ことで、配偶者に対する態度や心構えも、間違いなくグッと変わります。

なぜなら、自分のトゲがなくなれば、相手ともぶつからないし、相手との間合いも変わるから。

これは私が体験したこと。

 

というわけで、このブログのキャッチコピーです。

「自分が癒やされれば、家族も癒やされる。」

 

自分が癒やされるというのは、自分が変わることよりも、もっと楽にできるものです。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

f:id:minaminakun:20170505183017j:plain

 

美奈子