『男の産後うつ』になったようだけど女装したら治ったみたい

自分が癒やされれば、家族も癒やされる。

私が癒やされれば、家族も癒やされる。そんな関係を模索するブログ。

専門家(っぽい人)の言うことよりも、自分を信じる

【スポンサーリンク】

こういう記事を読んだのだけれども「なんか気の利いたことを言っているようで、でも何も響いてこない。事実上、何も言っていないのと同じではないか❓」という気持ちしか湧いてこないのよね😷

 

blogos.com 

私、この人の『忙しいビジネスマンのための3分間育児』なんていう本を読んで、3分で読むのを止めたことがあるんだよね😅

 

 

 

 

説得力なさすぎじゃない❓

例えばこういう発言。

 

おおた:夫婦喧嘩も、お互いを理解するためのコミュニケーションだと思って取り組むことが重要です。なんせ、喧嘩とセックスは赤の他人とはできません。夫婦だからこそできることなんです。喧嘩をする夫婦より、必要な喧嘩を避けていく夫婦の方が危機に陥りやすいんです。

 

「喧嘩とセックスは赤の他人とはできません」って、私こないだ、赤の他人である上司と喧嘩したばかりだけど😅

あと、うちのパパは不倫してたけど、それはどう説明すんのよ💢

 

「喧嘩をする夫婦より、必要な喧嘩を避けていく夫婦のほうが危機に陥りやすい」って、いったいどれだけの母数を調査したのか❓

「喧嘩」や「危機」の定義は何か❓

調査方法は❓

検定方法は❓

って詰めたくなる。

 

ジャーナリストって名乗るくらいなら、なにかの取材に基づいて記事書いてんじゃないの❓取材源はなんなのよ❓

取材してないんなら、百歩ゆずって自分の体験談くらい根拠に示すのが筋じゃない❓

それすらないんなら、私のブログ並みのクオリティよね😅

 

この人の著作でもそうなんだけど、現場の息吹というか熱というか、そういうのが漂ってこないのよね。

 

教科書的な”模範解答”の怖さ

この文中に、夫婦ゲンカのコツを語っている部分があるんだけど、

 

おおた:(夫婦喧嘩のコツは)喧嘩の結論を出さないことです。夫婦喧嘩の目的は、勝ち負けではありません。喧嘩をするとつい相手をやりこめようとしたり、「これからどうするの」という結論を出そうとしがちですが、それではお互いにストレスを溜めていくだけです。

 

これもどこに根拠があるかわからない、一見正しそうな一般論。

こういう教科書的な模範解答は、実は怖い。

 

夫婦ゲンカに限らないけれど、ケンカというものは、異なる背景を持った人間どうしの価値観のぶつかり合い。だから、ケンカをする本人同士の組み合わせや、その時の状況によっては、模範解答どおりにいかないことだってある。

 

「結論を出すな」と言われても、その日の仕事で結論の出ないダラダラした会議を何時間も過ごした日の晩であれば、つい奥さまに向かって「結論はなんだ❗」と言ってしまうかもしれない。 

模範解答どおりにできないと「できない自分はダメだ」と思いがちになる。

そうなると、かえって自信をなくしてしまう。

 

こういうアドバイスをうのみにすると、この通りにしない相手を恨むことにもなる。

「『相手をやりこめてはいけない』と、この専門家(っぽい人)が言っているのに、どうして夫(妻、もしくは他の人)はそれを守ってくれないのか」とね。

 

こういう根拠のない模範解答的アドバイスは、百害あって一利もない。

仮にもプロと自称する人が垂れ流していいものではない。

  

露出が高い人の意見でも、話はうのみにしない。信じるのは自分だけ。

というわけで、露出が高い人の意見でも、話はうのみにしないほうがいい。

 

ケンカのやり方なんて、好きにやればいいんじゃないかと私は思うけどな。

 

そう書くと

「好きにケンカしろだなんて、相手のことを尊重しないひどい人。無責任」

と言われるかもしれない。

もしくは

「ケンカじゃなく、建設的な議論をするためにどうすればいいか、いろいろ参考にするのが何が悪いんだ」

と思うかもしれない。

 

まあその考えは否定しないけれども、私の考えとは違うかな。

自分がどういうやり方をしようが、必ず何かしらの形で、自分に返ってくる。

ちょっと言い過ぎたなという形で返ってくるかもしれないし

相手からは反撃という形で返ってくるかもしれない。

返ってきたものを見て、自分が学べばそれでいいじゃない。

 

夫婦といえども、子育てを含めた共同生活っていうのは誰しも経験ゼロから始めるものだからね。

最終的には家族関係をよくしたいという自分の「良心」みたいなものがあれば、失敗も含めていろいろ経験を積めばいいんじゃないかと思う。

 

専門家っぽい人の「こうあるべき」を信じるのではなく、よい方向に向かうはずだという自分の良心を信じたいね。

 

あっ、このブログも、うのみにしちゃダメよ😊

信じるのは自分だけでじゅうぶん❗

f:id:minaminakun:20170517052346j:plain

 

以下、はてブコメント返しです。

 

id:cycle8b さん>>そうですよね。耳障りのよい意見が氾濫していて、聴く方も困ってしまいます。

 

id:gattolibero さん>>私も自戒を込めます😅

 

id:mroreself さん>>ホントですよね。なんでこんなに一般論なんでしょうね。

 

id:yuasayo1013 さん>>ありがとうございます。ジャーナリストなんて名乗っているけれども、男の育児にビジネスチャンスを見出していて、自分が儲かる(名をあげる)道具に使ってるんじゃないかと邪推したくなりますね。

 

id:kame710 さん>>心から感謝申し上げます。ささやかですが、私からもお返し申し上げたいと思います😊

 

id:Gatos さん>>おっしゃるとおりです。結局は自分がどうしたいか、どうするかしかないですね。

 

id:haibisukasusa さん>>なんでこんな意味不明なことを言っているのかが意味不明ですね。もしかしたら編集者の力量が低いのかもしれませんが……。

 

id:casemaestro89 さん>>ああ、炎上の未然防止というのはあるかもしれませんね。そうだとしても、周囲の評価を恐れて主張もできない人間を、プロの物書きと読んでいいのかと思いますが。

 

id:giovannna さん>>誰にでもあてはまる普遍的な一般法則を導かなきゃ死んじゃう病の人っていますよね😅

 

id:mako0625 さん>>そうです。ケンカしないのが一番です❗

 

id:yoshitakaoka さん>>自分がアドバイザーになるというのが、最もシンプルだと思いますけど、なかなか難しいんでしょうね。(そういう私もまだ完全に自分を信じ切っていないのでして……😅)