『男の産後うつ』になったようだけど女装したら治ったみたい

自分が癒やされれば、家族も癒やされる。

私が癒やされれば、家族も癒やされる。そんな関係を模索するブログ。

孤独を辛く感じるのはなぜか

【スポンサーリンク】

男の産後うつの症状として、かなり初期に自覚したのが孤独感だった。

とにかく寂しくて寂しくて仕方がなかった。

 

男の家事・育児の悩みって、なかなか理解されないのよね。

悩むほど家事・育児に没頭している男性はいるのかもしれないけれども、男同士はプライドがあって「弱音をはかない」ことを良しとする風潮があるので、悩みを共有できそうな人が顕在化しないんだよね。

そして、悩みをわかちあうくらい仲のいい女性もいないという😅

 

 

一人が辛いのではなく、わかってもらえないのが辛い

私、一人でいるのはむしろ好きなんだよね。

子どもの頃から鍵っ子だったし、19歳から結婚するまでの10年近くは一人暮らしだったしね。

だから、うつの時に感じた孤独は「一人でいること」ではなく、「自分の気持ちをわかってもらえない」ということ。

特に奥さまとわかりあえなかったことが辛かったな。

(過去にもこんな記事書いてました)

www.utsu-joso.com

 

孤独が辛いのはなぜか

他人とわかちあえないならば、もう書籍くらいしか孤独をわかちあう相手がいない訳よ😓

というわけで、こういう本を読んだ。 

孤独を脳科学や心理学、社会学的な観点で読み解くという、専門書に近い本。

孤独の科学---人はなぜ寂しくなるのか

孤独の科学---人はなぜ寂しくなるのか

  • 作者: ウィリアム・パトリック,ジョン・T・カシオポ,柴田裕之
  • 出版社/メーカー: 河出書房新社
  • 発売日: 2010/01/20
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 36回
  • この商品を含むブログ (23件) を見る
 

 

で、この本に「人が孤独を辛いと思うのはなぜか」という説明がある。

図書館で借りて読んだから手元にはないので、うろ覚えなままで失礼しますm(_ _)m

 

  • 人間は(祖先である類人猿も含めて)、集団を形成していたほうが生存しやすかった
  • したがって、集団から外れる(≒孤独になる)ことは、死の可能性を高めてしまう
  • 孤独に強い個体もいたかもしれないが、淘汰されてしまった
  • 結果として、孤独を恐れる個体だけが生き延びた。それが私たちである。

 

こういう進化論的な説明は検証不可能なので、私はあまり好きじゃないんだけど、まあある程度の納得感はあるかな😅

つまり孤独を辛く感じるのは「生きるために周りと仲良くやっていくのが有利だから、孤独になっちゃダメ❗」と、心がアラートをあげているのだ、ということなんだろう。

 

これを逆に応用したのが「村八分」なんだって。

他人から批判・否定されることは、集団内で居場所をなくすことにつながりかねないから、村八分は怖いのよね。

 

待てよ……孤独だと本当に生き残れないのか❓

しかし孤独感に苛まれて疑心暗鬼になっている私はこう思った。

孤独だと本当に生き残れないの❓

孤独が辛いのは、私たちが類人猿だった時の名残だとしたら、この21世紀の文明社会でもそう言えるのか❓

ところが、そう言えるのだそうだ。

孤独な人ほど寿命も短いし、経済的にも損をしがち、みたいなことが、データと共に延々と書かれている本だった😅

 

ところで。

この本ではなかったと思うけど「自分は孤独だ❗」という思いが強い人ほど、ペットを擬人化する、みたいな研究結果があることを聞いた。

(この研究をした研究者の発想力の豊かさを褒めてあげたい)

なんでも擬人化しちゃう日本人は、ちょっとヤバい状態なのかもね❗❓😅

 

科学的にはどうすれば孤独を解消できるのか

誰かのためになることをするというのが科学的な結論だった。

ささやかなことでも他人のためになることをすることが、社会的なつながりを実感させ、結果として孤独が解消できる、みたいな説明だったと思う。

 

これはなかなかハードルが高い。

「私のこと、わかってよ❗」

と思って孤独感バリバリな自分が、いきなりハイそうですかと他人に優しくできるか❓と私は思っちゃった。

 

それでもこの路線で私は、募金したりボランティアしたりした。

それをやったからといって、即、孤独が解消したわけではないけれどもね。

社会的なつながり……う〜ん、あんまり感じなかったかな😅

 

即効性はないけれども、こういう行為を徐々に広げていくことが、長期的にみて孤独感を減らしていくのかもね。

 

そういう意味では……。

今こうしてブログを書いているのも、もしかしたら他人の役に立つことで、自分が救われることを、密かに目指しているのかもしれない。

 

何千、何万ものPVがなくとも、私の経験が誰かたった一人の役にでも立てば、私はもっと孤独から救われるのかもしれない……ね❗😉

 

f:id:minaminakun:20170608081004j:plain

 

以下、はてブコメント返しです❤

 

id:mamashizue さん>>そうなんです。自分の気持ちを誰かに認めてもらうことは必要ですよね。

 

id:yuuhinooka さん>>情けは人のためならずというように、与えることと受け取ることは、もしかしたら表裏一体かもしれませんね。

 

id:chitosemidori さん>>他の方もおっしゃっていましたが、実は皆が孤独で、それを見せないように努力しているのかもしれませんね。

 

id:yoshitakaoka さん>>ありがとうございます。必ずしもわかってもらえなくても、つながりを感じるだけでもいい気がします。

 

id:haibisukasusan さん>>そういう人いますよね。排除される辛さを自分自身が学習したからこそ、人を排除しようとしているのかもしれません。

 

id:shouh さん>>いろんな世界がありますね。仙人の域なんでしょうけど、自分で自分のことが認められたら、一人でもいいのかもしれません。

 

id:kame710 さん>>ありがとうございます❗皆さんに支えていただいていますm(_ _)m

 

id:casemaestro89 さん>>わかってくれない他人に攻撃が向くんですよね。私も経験しました。つらいですよね。

 

id:otonann さん>>特に私は、わかってもらえなきゃ死んじゃう病がひどいので……😅

 

id:mroreself さん>>私も八方塞がりに感じていた時期がありました。否定ばかりの状態はお辛かったでしょうね。

 

id:ton624253 さん>>辛さのベクトルが違う!そうそう、それです。私のダラダラ投稿を一言でおっしゃってくださって感謝です❗😊

 

id:sakura-neko283 さん>>所属意識を感じるのは、リアルでもネットでも大差さなそうですね。はやくネットの効用に私も気づけばよかったです。

 

id:move-wife さん>>確かに孤独じゃなければ、ブログに労力をかけるのは見合わないことですよね。呼び捨ては止めてください😅

 

id:satorukamoshida さん>>みんな孤独なんでしょうね。それを「私だけが孤独だ」と読み違えてしまうから、やっかいなことになるのかもしれません。