『男の産後うつ』になったようだけど女装したら治ったみたい

自分が癒やされれば、家族も癒やされる。

私が癒やされれば、家族も癒やされる。そんな関係を模索するブログ。

信頼関係のない部外者からのアドバイスは”罪”である

【スポンサーリンク】

アドバイス罪って聞いたことあります❓

ネットスラングの一種なんだろうけど、元カプコンの重鎮で、現イラストレーター あきまんこと安田朗氏が広めた❓言葉のよう。

togetter.com

 

要は、求められてもいないのに、当事者じゃない人からアドバイスをされると腹が立つ、ということなのだけれども、私もいいね!ボタンを100回くらい押したくなるくらい共感する😅 

  

「吃音持ち」の後輩を飲み会に誘う

私の前職での話。

会社の若手同士(男同士)で、飲み会をすることがあった。

その飲み会には、入社したばかりの若い後輩いて、彼も誘った。

後輩はいわゆる「いじられキャラ」であり、先輩である私たちからいろいろとからかわれている。

そして、後輩はいわゆる「吃音持ち」でもあった。

 

男同士の飲み会ではよくあることだけれども、猥談になることがある。

この矛先が、件の若い後輩に向いた。

「ところでお前、彼女いるの❓」

みたいなところから始まるのだけれども、この日はなぜか、かなり突っ込んだところまで話が及んだ。

簡単にいうと「どんなプレイが好きか」とか「これまで何人とヤッたか」とかを、先輩連中が後輩に根堀り葉掘り聞くという、私の嫌いなタイプの飲み会になってきた。

 

後輩もヘラヘラしながら正直に答えるから始末に負えない。

話はどんどんエスカレートする一方。

私は「つまんねーな」みたいな顔をして、一人で日本酒飲んでたから、誰も私には取り合わなかったけど。

 

そしてようやく飲み会が終わり、帰る段になった。

 

悪ノリしていた先輩の一人と、後輩、私の3人で駅に向かっている最中、悪ノリ先輩が、何の脈絡もなく、後輩に放った言葉。

「ところでさあ、その吃音、直したほうがいいよ」

 

唐突で不可解なアドバイス

今までさんざん猥談で盛り上がってたのに、なぜ今このタイミングで、それほど親しくもない、最近入ったばかりの若い後輩に、そんなことを言うのか、私には不可解だった。

 

「吃音をなんとかしたい」と、本人がアドバイスを求めているわけでもない。

最近入ったばかりの若い後輩なので、さして信頼関係があるわけでもない。

信頼関係がない状態でのアドバイスなんて、不快なだけじゃない❓

その辺を歩いているオッサンから唐突に「お前の服、センスねえな。もっといい服着ろよ」なんて言われて、はいそうですかと受け入れることはできないじゃない。

 

猥談でヘラヘラしていた後輩も、さすがに顔がひきつっていた。

入社して日が浅く、ましてや先輩に対して「うるせーなハゲ。お前に関係ねーだろ」とは言えないだろうし、なんとか笑ってやり過ごすのが関の山だったのではないかな。

 

これは、アドバイスの名を借りた、先輩のマウンティング行動じゃないか❓とさえ思えてくるね。

 

アドバイスには「信頼関係」が不可欠

その辺を歩いているオッサンからアドバイスをされるのと、事情をよく知る当事者からアドバイスをされるのとでは、どちらのアドバイスを聞こうという気になるだろう❓

 

まあ、事情をよく知っている当事者だからといって、アドバイスはなんでも素直に聴けるというものでもないけどね。

例えば、MBA取得者の「経営コンサルタント」と呼ばれる人から、経営や仕事のやり方についてアドバイスをもらっても、素直に聴く自信は私にはない💦

だけど、その「経営コンサルタント」が長年の友人であれば話は別かな。

そういう意味でも、やっぱりアドバイスには「信頼関係」が不可欠だと思う。

 

私はこの「信頼関係のない部外者からのアドバイス」というのは、人間関係を壊す一因だと思う。

たとえこれが「相手のためを思って」「親切心で」の行動であったとしても、相手にとっては必ずしもそうではない。

 

信頼がない関係でのアドバイスは、私はしない。

 

どうすれば信頼が築けるかって❓

私なりの答えはあるけれども、私が言っちゃうとそれは「信頼のない関係での部外者のアドバイス」になるから、言わないでおこう😅

 

こんな場末のオカマブログに、そんな都合よく答えなんて落ちてないよ。

自分で考えることね。

というか、自分で考えたことこそが(あっていようが間違っていようが)答えなのだと私は思うのよ😉

 

f:id:minaminakun:20170628063038j:plain

 

以下、はてブコメント返しです。

 

id:susumenoburogu さん>>アドバイスをするほうは言いっぱなしでいいんですから、無責任ですよね。

 

id:yuuhinooka さん>>受け取った側が「助かる言葉」であったかどうかを決めることのように思います。

 

id:non46 さん>>私自身は、アドバイスよりも共感と受容がほしいと思うことがよくありますね。nonさんは管理職ですから、指示をしたくなるところを聴くに徹するのは、さぞ胆力がいるでしょうね😉

 

id:otonann さん>>こういうときのために「余計なお世話」という便利な言葉があるんですね😅

 

id:shurir さん>>ありがとうございます!😉

 

id:satorukamoshida さん>>そうなんです。アドバイスをしてくる人を完全になくすことはできないので、結局は自分がスルーする力を養うしかないんですよね。

 

id:yoshitakaoka さん>>アドバイスをするほうは「一段上」の立場を獲得できますからね。

 

id:nukoblog さん>>アドバイスしたくなる誘惑は誰にでもあるものですからね。こんなことを言っている私自身にも経験があります😅

 

id:pochinokotodama さん>>言っている本人は「親切」のつもりだということが、事態をさらにややこしくしているような気がしますね。

 

id:mroreself さん>>身体的特徴にとやかく言われるのは本当に嫌なものですね。。