『男の産後うつ』になったようだけど女装したら治ったみたい

自分が癒やされれば、家族も癒やされる。

私が癒やされれば、家族も癒やされる。そんな関係を模索するブログ。

【病みながら生きる意味】うつ症状を持つ人こそが現実世界を正しく見ている(可能性)

【スポンサーリンク】

アロイとエイブラムソン(1979)という人たちの研究から、うつ症状を持つ人こそが、現実世界を正しく見ている可能性がある……と言われているらしい。

 

うつ症状を持つ人って、必要以上にものごとをネガティブに捉えるんじゃないの❓

……と思うでしょ❓

でも、どうやらそうとも言えないらしいよ。

 

 

うつ症状を持つ人とそうでない人を比べる実験

アロイとエイブラムソンという研究者が、ある実験をした。

実験は、大学生を集めて、ボタンを押させるというもの。

「ボタンを押すと、緑のライトが点灯するかもよ」という説明を、大学生にしていた。

f:id:minaminakun:20170717053950j:plain

ところが実際は、ライトはボタン操作とは無関係に点灯することになっていて、被験者の大学生にはそれを隠して実験を行ったのね。

 

実験結果はどうだったか

この実験、大学生を「うつ症状を持つ人」と「うつ症状を持たない人」にわけて分析をしたのだけれども、次のような結果になった。

 

うつ症状を持たない人は、ライトの点灯を自分がある程度コントロールできたとする傾向が認められた。

一方、うつ症状を持つ人は、自分の操作は点灯に効果がないことを、比較的正しく評価する傾向が認められた。

 

実際のところ、ライトはボタン操作とは無関係に点灯をするので、「コントロールできた」と思うのは錯覚なのよね。

 

うつ症状を持つ人はネガティブなのか❓

この実験結果だけを見ると「うつ症状を持つ人は、単にネガティブだけじゃないの❓」という気もしてくる。

アロイさんとエイブラムソンさんもそう思ったらしい。

で、アロイさんとエイブラムソンさんは、別の実験もした。

それは、5~6名1グループになって、自己紹介やディスカッションを行うという実験。

f:id:minaminakun:20170717055246j:plain

この時も、発言が適切にできたかどうかを、自己評価と他者評価の2つの方法で調べたのだけれども、うつ症状を持つ人は自己評価と他者評価がおおむね一致したんだそうだ。

一方で、うつ症状を持たない人は自己評価のほうが他者評価よりも高かった。

 

というわけで、アロイさんとエイブラムソンさんはこう結論づけた。

うつ症状を持つ人が自己をネガティブにゆがめたというよりも、うつ症状を持たない人のうほうが、自己をポジティブにゆがめたんじゃない❓

 

これと似たような実験は、いたるところで行われているそうだけど、だいたい同じような結果になるのだそうだ。

この傾向は抑うつの現実主義と呼ばれており、うつ症状を持つ人こそが現実世界を正しく見ている可能性を示唆するものとして知られているのだそうな。

(もちろん、抑うつの現実主義を否定する研究結果や反証もある。だから「可能性」どまりなわけだけどね) 

 

何が病気で何が病気でないのか

抑うつの現実主義がありうるものだと仮定して、自己評価と他者評価がほぼ一致するって、結構すごいことだと思わない❓

それをうつ症状の人は、自然とやってのけているというのだから、これはある意味「超能力」なんじゃないかとさえ思える😅

 

一般に「ポジティブ」と呼ばれるうつ症状を持たない人たちが、自己を過大に評価し、現実的な評価からずれた世界を生きているかもしれないといわれると、うつ症状は、「病気」と言えるのか❓という気がしてくるね。

 

こういう価値観を揺さぶってくる研究って好きよ♡