『男の産後うつ』になったようだけど女装したら治ったみたい

自分が癒やされれば、家族も癒やされる。

私が癒やされれば、家族も癒やされる。そんな関係を模索するブログ。

イクメンブルーと、それに対する意見を鳥瞰する

【スポンサーリンク】

先日、つらつらとネットを見ていたら、こういう番組をやっていたことに気がついた。

 

www.nhk.or.jp

 

へー、日本の大手マスメディアでも、男の産後うつを取り上げるんだ。

でも、イクメンブルーって表現は初めて聞いたな。

 

 

イクメンブルーのヒット件数

男性に訪れる、出産をきっかけにして起こるうつ症状を示すキーワードはいくつかあるのだけれども、それぞれどのくらいの認知度ある言葉なのかな?と思って調べてみた。

以下、グーグルで、キーワード完全一致検索をした結果。

 

男性の産後うつ 男の産後うつ イクメンブルー パタニティブルー
5390 11500 8390 4390

 

「イクメンブルー」って言葉、まずまず使われていそうだね。

 

大手マスコミでの使用例

何件かあるね。

 

www.tokyo-np.co.jp

 

産経関西版にもあった。

 

www.sankei.com

 

サンケイビズにもあった。

産経系は「イクメンブルー」を使うのが好きなんかな。

 

www.sankeibiz.jp

 

イクメンブルーに対するコメント(その1)

ツイッター上のつぶやきなんだけれども、アカウントまで晒すのはなんなので、内容だけ紹介したい。

 

イクメンブルー()になった父親は殺すべき。子供を守るために
イクメンブルー()とか甘え 

 

イクメンブルーとか気持ち悪い。男が子育てなんかで悩むなよ。男はよく働いて、よく遊べ。 

  

自分の時間がないのも完璧を求められるのも今まで育児押しつけられてきた母親のほぼ全員が体験してると思うんだけどなあまた男が言って初めて認知される案件か… 

 

イクメンブルーで悩む人は、まず生活スタイルを変えたかどうか自問自答してほしい。 

 

自分の時間なんて欲しがるんじゃないよ。
これだからイクメンは甘っちょろいのよ。 

 

「育児や家事の完璧を求められてつらい」って言ってるパッパは、それまでマッマに完璧を求めてたのがブーメランされてるだけなんじゃ……  

 

これで少しは嫁の気持ちも理解出来ない?なんか自分ばっかり。旦那は仕事だけしてれば良いけど嫁さんは育児仕事子育てでもっと時間ないよ

 

1人で奮闘して病んでる妻は、ずっと多いし、歴史も長いけど、母性が無いとか我慢が足りんで切って捨てられてきたけどね 

 

適性の問題っていうよりどんだけ精神薄弱なんだか…弱ぇー…育児のために男の労働時間を少なくするなら働きながら子育てして家事やってほぼ完璧に24時間体制で戦ってる女性は給料倍貰わないと割りに合わんよ。遊びたいなら当然の如く睡眠時間削れやー

 

母親ってやつは、これをこなしてんの。自分の時間なんてないの。

 

 まあもう諦めてるよね。どっかで育児は女性のもの、仕事の合間を縫って手伝う俺、イクメン!凄くない?くらい思ってる男性が殆どでしょ。だからイクメンブルー(笑)なんて言葉作るんだし。巷の男性がこの意識なんだもん、国が何かするわけない。

 

イクメンとか、イクメンブルーとか…本当に殴りたくなる。

ナニソレ、美味シイノ?

もっと母親大事にされるべきだと思う。

旦那に対して、周りからはイクメン寄りに見られてるような発言されるんだけどさ。

無いから。
殆ど無いから。
やらかし始めてからは、却って私の仕事増やしてる。

 

イクメンブルーに対するコメント(その2) 

 

先日、NHKの朝イチで特集していたイクメンブルー。私は、イクメンブルーの原因を妻が夫の家事を評価する立場となり、その評価は常に夫に努力を求める状態になっているからだと捉えている。 今まで、姑が嫁を、家事をしないが家長然としていた夫が妻を評価していたことと変わらない点だが。

 

イクメンブルー叩く人多いな…母親は家事育児当然の如く押し付けられキャリア積みたくてもマミートラックに回されてそら大変だけど、父親は本人が育児したくても社会・会社が許さないんだからストレスも溜まろうに。というか夫が家庭より仕事優先を強いられる環境こそ、妻に負担が偏る原因。

 

そもそもイクメンという言葉がよくない。普通の父親の姿だし、父親の役割を放棄した前提の言葉だからだ。早く日本からなくしたほうがいい。そして、産前から働きかけ、胎教もやれば、育児が楽。

 

イクメンブルーと女性の産後鬱って少し違う気がする。
夫だって親なのに妻ばかりが育児を全て負担し、生き方仕事の仕方から人付き合いまで変えねばならない理不尽と孤独に参ってしまう女性と、
育児負担そのものを理不尽と捉えがちな男性というか。

 

育児で男性が負担に感じて疲れる時代が来たんだと、私は平等になってきたんだと、不思議と嬉しい言葉に感じました…。イクメンブルーという言葉が話題になるのはウェルカム!っていうか…(´ω`)

 

イクメンブルーが叩かれているようですが(ニュース見てないけど)、男性が育児に参戦してきた証拠じゃないですか。いい傾向ですよ。母は昔からやって来たとか甘えとか。みんなで男女ともの育児ブルーを考えましょう。これじゃあマミートラック叩きと一緒ですよ!それぞれの立場で困難はあるんですよ。

 

共働き女性の方が専業主婦より大変、って意見と、男性がイクメンブルーとか言ってるのは女性も耐えてるのに、って意見は、通り過ぎた世代からすると大差なく感じる。
結局専業主婦の再生産労働の話が抜けたまま最近の議論が来てることもあるのかな。

 

さあ、あなたはどう考える?

いろんな意見があって、私の意見と異なる意見もあるけれども、多様な意見があるということは認めたい。

 

そのうえで言うと、なにかこうそれぞれの意見が噛み合わないような、意見のステージがそれぞれ異なるなあと、鳥瞰して思う。

 

イクメンブルー問題。

さあ、あなたはどう考えますか❓

 

f:id:minaminakun:20170722192401j:plain