『男の産後うつ』になったようだけど女装したら治ったみたい

自分が癒やされれば、家族も癒やされる。

私が癒やされれば、家族も癒やされる。そんな関係を模索するブログ。

一人でほにゃららバーに行って、女装してJO様と話したときのこと

【スポンサーリンク】

※原文はこちらを参照ください

minaminakun.hatenadiary.jp

 

ある日、私は一人でほにゃららバーに行った。

ほにゃららバーというのは、ほにゃらら愛好家(叩いたりいじめたりするのが好きな人)が集まってお酒を飲む場所。お金を払って性的快感を得るような場所ではない(ショーはあるけれども、見るだけね)

以前からほにゃららにはちょっと興味があったので、行ってみたかったんだよね。

しかし、ほにゃららバーで自分の未熟さを思い知らされたって結果になったけどね😅

 

 

JO様とお話をする

入店した直後、JO様の接客を受けた。

以下、JO様との会話(かなり女王様っぽいイメージを膨らませてます😅)

 

JO様「いらっしゃい。初めて❓」

私「そうなんです。ちょっと緊張してまして……」

JO様「ふふふ。水割りでいいかしら❓」

私「はい」(……なんだ、結構普通のお店だな)

JO様「ところで、あなたは何の変態さん❓」

私「ブーッ❗❗(水割りを吹く)」

(いきなり変態カミングアウトなんだ……)

私「実は……女装するんですよ。ほら(スマホで写真を見せる)」

女王様「あら❓女装子ちゃんだったの❓お店でも女装できるけど、着る❓」

私「はあ……はい……」(急展開だな……)

 

そうしてなぜか、入店して15分で変身したのであった😅

 

嗜好が……言えない❗

入店して気づいたことだけど、私が行ったほにゃららバーは、お客さん自身がコスプレや女装を積極的にするお店だったようで、お客の半数以上が何かしらの「変身」をしていた。

変身姿の男性はかなり多く、アニメのコスプレ男性、チャイナドレス女性、バドガール女性など様々。

 

女王様「ところで、美奈子ちゃん。あなた、どんなアレ♡が好きなの❓」

私「ブーッ❗❗(水割りを吹く)」

(直球だなあ……)

私「私、あんまりアレ♡には興味がないというか、軽く嫌悪感があるんですよ。だから、まあどうでもいいというか」

 

これは事実である。

私は父親が不倫をしていたことから、子供のころからアレ♡については嫌悪感があった。性欲はあるけど、アレ♡は汚い、やっかいだ、避けたいという気持ちが強い。これは正直な気持ち。

 

すると女王様。

女王様「そう。でもね、ほにゃららとアレ♡って、ちょっと別物なのよ。あなたのようにアレ♡に嫌悪感があっても、ほにゃららは好きって人、まずまずいるわよ」

私(へーそうなんだ。ちょっと受容された感じで嬉しいかも😊)

 

その後、周りのお客さんなんかと話していたけれども、その嗜好の多様なこと。

首を絞められると感じる女性。

女の子になってしまう男性。

とにかく踏まれるのが好きな男性。

バイで、本人はMなのだけど、パートナーの前ではSになる女性。

いろんな人がいて、私から見ると、その嗜好をさらりと語る。

 

私も「こうしたい」「こうされたい」という願望はある。

しかし、どうもそれを率直に話すのには抵抗がある。

(女装をしながら、ほにゃららバーで葛藤する私😅)

 

こういった場でも自分を明け渡すことはできないのか

JO様のいうように変態のたまり場なのだし、ここではプライバシーは守られることはわかってはいるのだけれども、正直に嗜好を告白できない私。

いや、そんなにたいした嗜好じゃないのよ。女の子にビンタされたいとか、その程度なんだから。あっ、言っちゃった💦

 

バーでは男性のお客さんが、JO様や他の女性客にムチで叩かれていて、私もちょっと叩かれてみたいかな❓と思ったのだけど、それを正直に口にすることができない。

 

不思議だよね。女装写真は顔出しでブログに掲載できるというのに(ほとんど抵抗なくどころかノリノリで)、クローズドな一期一会の場で、性的嗜好が言えないんだからね。

これほどまで強く、抵抗感があるのかと、自分でも初めて気づいた。

いや、理由はわかっているのよ。アレ♡を汚いと思っていて、嫌悪感を何十年も持ち続けている人間が、安全な場所だからといきなり性的嗜好をオープンにできるはずがない、ってね。

 

やっぱりまだどこかで、自分を取り繕うというか、そういう素の自分を開示することに抵抗を感じる気持ちが残っているんだろうね。

その気持ちを察してか、JO様は自己開示を強制するようなことはなかった。

このあたりがJO様なりの受容の仕方なのかもしれない。

 

しかし、こういう場だから開示を「するべき」と思ってしまうのも違うな……う~ん……どうしよう……と、こじらせっぷりをほにゃららバーで発揮してしまうの私であった。

 

私はいったい何を守ろうとしているんだろうね❓

自己開示しまくるお客さんに囲まれて、私はちょっと浮いた存在だったように思う😅

(ほにゃららバーには迷惑な客だね💦)

 

ノリノリで楽しみにいったはずが

というわけで、楽しみに行ったはずのほにゃららバーなのに、なぜか自分の自己開示の限界を思い知らされて、複雑な気分で帰ってきてしまった😅

私、この難しく考えすぎるクセ、なんとかしたいなあ。。と思いながら、着替えスペースで女装から男装へと戻る私。

 

果たして次回の訪問はあるのか❓ないのか❓

 

あっ、JO様は、とっても優しくて、受容力の高い方でした😉

 

f:id:minaminakun:20170722192405j:plain