『男の産後うつ』になったようだけど女装したら治ったみたい

自分が癒やされれば、家族も癒やされる。

私が癒やされれば、家族も癒やされる。そんな関係を模索するブログ。

子どもちゃんとの辛い別れ

【スポンサーリンク】

2週間の出張となってしまった。

子どもちゃんが生まれてから、できるだけ長期の出張は避けるようにしていたのだけれども、今回は成り行き上(というか、上の人の管理不行き届きにより)行かざるをえなくなってしまったんですよ。

 

2週間も子どもちゃんに会えないのは、私も初めてのこと。

私が寂しいってのもあるけれども、この2週間は奥さまにもワンオペを強いてしまうので、心苦しいったらありゃしない。

 

せめてもと思い、出張前の三連休はずっと私が子どもちゃんを遊びに連れていき、奥さまには自分の時間をじゅうぶんに取ってもらいました。

(まあ、私が子どもちゃんと一緒にいたかったというのもあるのだけれども😅)

 

そうして近づいてくる別れの時。

寂しさからか、泣き出す子どもちゃん。

f:id:minaminakun:20170816092024j:plain

 

おおお……そんなに泣かれると、私のほうが辛いよ😫

 

しかし、いつの間にか、別れることが寂しいということがわかる年齢になったのだなあという思いも湧き上がる。

これから子どもちゃんは、長い人生の中で、数多くの別れを経験するのだろう。

今は寂しいという気持ちだけかもしれないけれども、「別れ」が人生にもたらす様々な意味を、これから感じ取ってほしいな。

 

たった2週間の出張で、大げさなこと考えるなって?😅

でも、大切な人と別れてもなお生き続けるというのは、人間には必ずつきまとう、大切なことだと思うよ。

井伏鱒二の言葉にも「さよならだけが人生だ」とあるもんね😊