『男の産後うつ』になったようだけど女装したら治ったみたい

自分が癒やされれば、家族も癒やされる。

私が癒やされれば、家族も癒やされる。そんな関係を模索するブログ。

103歳のおばあちゃんは30以上の世界記録ホルダー(+αあり)

【スポンサーリンク】

山倉梨子さん(id:rico_note)のブログで、79歳で宅建を取得し、80歳で不動産屋を開業したおばあちゃんのお話を知りました。

すっごーい!!

ものごとを始めるのに、年齢は関係ないですね😉

 

梨子さんの記事を読んで思い出したことがあります。それは、100歳を超えて、世界記録をバンバン更新しているスイマーのおばあちゃんがいたなあということ。

ちょっと紹介しましょうか。

 

www.cheer-up.info

 

 

長岡三重子さんという103歳現役スイマー

長岡さんは82歳になってから、腰を痛めたリハビリのために水泳を始めたのだそうだ。

それからというもの練習を重ね、85歳で日本新記録!89歳の時には、世界大会で銀メダル獲得!!

そして90歳でコーチをつけて、指導を受けるようになったのだそうです。

 

そこからがさらにすごい。

94歳で世界新記録樹立。

100歳までで、26種目において世界記録樹立。

100歳を過ぎてからは、100~104歳の部で、1500メートル自由形を含む9種目で世界記録を保持!!

1500メートル泳ぎ切るってすごすぎ!

 

いま現在の世界記録保持数はわからないけど、単純に合計したら、35種目ほどの世界記録をもっているんじゃないかな?

とにかくすごいの一言しかない。

 

長岡さんの最新の動向は、英文メディアのほうが詳しかったりする。そりゃあ35ほどの世界記録ホルダーだもんね。

 

purpose2play.com

 

この記事によると、最近(2016年現在)の長岡さんは、週4日の練習を継続しているらしい。

 

カラフルな水着が似合う!😉

 

www.youtube.com

 

宮崎秀吉さんもすごい!

現役を引退したとは言え、陸上の世界にもすごいアスリートがいる。

宮崎秀吉さんという方だけど、この方はなんと92歳で陸上を始めた!!!

陸上を始めた理由は、同年代が次々亡くなっていくことで、囲碁の相手がいなくなったからなのだそうだ。娘さんの勧めもあって、陸上を始めたとのこと。

(数あるチョイスから、なぜ陸上だったのかは気になるところ)

 

マスターズ陸上では、なんと105歳~109歳の部で、100m走と砲丸投げの世界記録を保持しているのだそうだ。

 

これにはウサイン・ボルトも思わずエール。

 

 

なにごとも遅すぎることはない

お二人を見ていると、なにごとも遅すぎるということはない、と勇気づけられるね。

これはスポーツに限った話ではないというのは、梨子さんの投稿からもわかる。

 

私が個人的に「すごい」と思ったのは、お二人ががスポーツを始めたきっかけ。

お二人とも「世界記録を取ってやろう」という野望が動機ではなく、腰のリハビリであったり、娘さんからの勧めであったりと、きっかけはちょっと受動的。

 

一直線に高みに向かって駆け上がるのではなく、目の前のことをやり続けていて、いつの間にか誰にも届かないところまで来てしまっていた、というのかな。

 

遠い未来に憧れるよりも、今ここを生きることの大切さも感じられるエピソードに心が軽くなる思い。

そんなところまでも思いを馳せることのできる、長岡さんと宮崎さんであった。

 

私も100歳女装を目指してみようかな!😉

  

f:id:minaminakun:20170914201948j:plain