『男の産後うつ』になったようだけど女装したら治ったみたい

自分が癒やされれば、家族も癒やされる。

私が癒やされれば、家族も癒やされる。そんな関係を模索するブログ。

NHKおはよう日本・けさクロ『働き方改革のなかで増える!?"フラリーマン"』(2017年9月19日放送分まとめ)

【スポンサーリンク】

NHKおはよう日本・けさクロのコーナーで、まっすぐ帰宅しない男性サラリーマン(通称、フラリーマン)についての特集がありました。

以下、放送内容をまとめたいと思います。

 

 

まっすぐ帰らない男たち

働き方改革が進む中、まっすぐ家に帰らない男が増えている。

社会心理学者からは「フラリーマン」と言われている。

 

長谷川さんの場合

男たちは、なぜまっすぐ帰らないのか。

物流会社に勤める長谷川さんの場合。

長谷川さんは、結婚2年目。しかし、終業後は毎日寄り道をしている。

妻には「残業だ」と言って、寄り道をする。

公園のベンチに座り、おにぎりと読書。

おにぎりは「残業用に」と、妻が持たせた愛妻おにぎりである。

公園での読書の後は、フリーのWi-Fiが使えるカフェ、バッティングセンターに寄り道。

「これをやってるときが一番いい」と長谷川さん。

午後8時、ようやく家に帰る連絡を妻にする。

まっすぐ帰らない理由を長谷川さんに尋ねると

「家事をしても下手と言われる。だったら妻に任せようと思う」

「家事をやり直すことになれば、妻の家事が余計に大変になる」

長谷川さんの妻は、まっすぐ帰らないことにうすうす気づいていた。

妻も「早く帰られても困る」「(帰宅は)8時、9時くらいがいい」と言う。

妻も「一人の時間がほしい」と。

 

まっすぐ家に帰らない理由

理由はさまざまのようだ。

他の男性に街頭インタビューをすると、「普通はまっすぐ帰らない」という男性がいる。

その一方、「良い客ばかりでない。ムシャクシャしている客が多い」と、接客業の店主も言う。

働き方改革、定時退社と言われても、どう時間を使えばいいかわからない。

家庭では子ども中心に時間がながれ、居場所がないと言う。

 

諌山さんの場合

若い世代だけでなく、年配の男性も「フラリーマン」化している。

諌山さんは、駅前でスマホゲームをして時間を潰している。

その後、寄り道をして帰宅。

諫山さんは、高齢になった父の介護を、妻と交代で行っていた。

いつしか、寄り道が息抜きになっていた。

父を看取ってもなお、フラリーマンを続ける諫山さんはこういう。

「帰りたくないわけではないが自分の時間を作りたい」

 

スタジオでのまとめ

見る人によって捉え方が異なるニュースである。

子どもを育ててる女性から見たら早くかえって手伝ってほしいという気持ちだろう。

 

朝日大学マーケティング研究所の調査によると、既婚男性の仕事帰りの寄り道は、

子どもと同居していない既婚男性の場合、平均で28.3%が寄り道をする。

子どもと同居している既婚男性の場合、平均で38.2%が寄り道をする。

休日も家族サービスをするので、平日の夜くらいは一人の時間がほしいということか。

 

f:id:minaminakun:20170919224124j:plain

 

男性の事情に偏った取材かもしれないが、取材中に聴かれた声として

「働き方改革ので残業が減ったぶん、給料も減り、お金をかけずに時間を過ごす工夫を考えなければいけなくなった」

「自分の時間が増えてもやりたいことがない」

という戸惑いの声もあった。

 

さあ、あなたはどう思いますか?😉