『男の産後うつ』になったようだけど女装したら治ったみたい

自分が癒やされれば、家族も癒やされる。

私が癒やされれば、家族も癒やされる。そんな関係を模索するブログ。

和歌山城散策(と和歌山ラーメン)

【スポンサーリンク】

振替休日を利用して、和歌山に行ってきました。

県立博物館での展示を見る前に、和歌山城散策です。

 

 

和歌山城とは

天正十三年(1585)、羽柴(豊臣)秀吉が紀州を平定し弟の秀長に命じて岡山(虎伏山)の峰に創建した平山城が和歌山城です。

和歌山という地名は、この頃の秀吉の手紙に初めて登場します。城作りの名人として有名な藤堂高虎らが普請奉行を勤めました。和歌山城は、高虎が手がけた最初の本格的な近世城郭といえるでしょう。和歌山上は別名虎伏山・竹垣城とも呼ばれます。

 

f:id:minaminakun:20170922182129j:plain

 

豊臣秀長の支配の後、浅野幸長が治め、1619年には徳川頼宣が入国。ここに、御三家紀州藩ができた、とのこと。

豊臣が築き、徳川がそのまま使用した城。珍しいよね。

ちなみに現存する建造物は、昭和30年代に再建されたもの。オリジナルの建造物は、空襲で焼け落ちたらしい。

 

和歌山市駅から歩く

外堀である市堀川。この外堀は、浅野幸長時代からあるのだそうだ。

f:id:minaminakun:20170922182137j:plain

 

おっ、見えた見えた😊

f:id:minaminakun:20170922182010j:plain

 

内堀。さすが御三家の城。でかい。

内堀の石垣は、打ち込み接ぎだね。

f:id:minaminakun:20170922182134j:plain

 

さて城内へ

大手門と一の橋。

f:id:minaminakun:20170922182121j:plain

 

ゆるキャラの吉宗くんと、紀州犬の顔ハメ看板。

和歌山では吉宗を持ち上げまくってるけど、吉宗同様に紀州藩主から将軍となった徳川家茂(14代将軍)のこともたまには思い出してあげてください!!😫

f:id:minaminakun:20170922182117j:plain

 

中も広い。

f:id:minaminakun:20170922182112j:plain

 

大手門から天守・二の丸方面に通じることろにある枡形。石垣は切込接ぎ。

この威圧感!権力の象徴って気がするね!😊

f:id:minaminakun:20170922182108j:plain

 

裏坂の登り口から見る天守閣。結構、急峻な山です。

天守が急峻な坂の上にあるうえに、狭いので、普段の政務は二の丸(山のふもと)で行われていたのだとか。

f:id:minaminakun:20170922182100j:plain

 

天守閣の石垣は野面積みだね。

これは豊臣時代の石垣なのだろうか。

一つの城に、野面積み、打ち込み接ぎ、切込み接ぎの3種類が見られるなんて、珍しいなあ。(それだけ歴史ある、大きな城ということか)

f:id:minaminakun:20170922182056j:plain

 

和歌山城の特徴。天守曲輪。

単独の天守閣でなく、大天守と小天守が連立している。

f:id:minaminakun:20170922182027j:plain

 

こちらが大天守(右)と小天守(左)

f:id:minaminakun:20170922182032j:plain

 

天守閣からの眺め。

紀の川も堀代わりになってるんだということがよくわかる。

f:id:minaminakun:20170922182035j:plain

 

腹も減ったので和歌山ラーメン!

お城の近くにある山為食堂で、和歌山ラーメンをいただきました😊

f:id:minaminakun:20170922182007j:plain

 

チャーシューメン(1000円)です。

うわ~~濃厚!

 

f:id:minaminakun:20170922182004j:plain

 

ごちそうさまでした!

 

帰りは510円の贅沢、特急サザンの指定席で

510円の追加で、なんばまでらくらくで帰ることができます。

f:id:minaminakun:20170922182144j:plain

 

おやつを食べながら帰ります!😊

f:id:minaminakun:20170922182140j:plain