『男の産後うつ』になったようだけど女装したら治ったみたい

自分が癒やされれば、家族も癒やされる。

私が癒やされれば、家族も癒やされる。そんな関係を模索するブログ。

すき家のギューッ丼

【スポンサーリンク】

朝から珍しく機嫌の悪い子どもちゃん。

お腹が痛いとか、咳が出ると言い、保育園を休みたいと言う。

 

でも、奥さまも私も仕事なので、保育園を休ませるわけにもいかない。

私が「どうしたの?」ときくと、ぽつりぽつりと子どもちゃんは語りはじめた。

 

お遊戯の時、うまくできなくて、友だちにからかわれるのが嫌だし、コワイのだそうだ。

で、この日はお遊戯がある日なので、それを休みたいということだった。

「じゃあ、お遊戯は見学するよう、先生に話してあげるから、保育園に行く?」

と私が訊くと、コクンとうなづく子どもちゃん。

 

保育園に向かう私たち。

子どもちゃんの足どりは重い。

「怖い。心がモヤモヤするの」

と、子どもちゃんは心細くつぶやく。

私はそのまま子どもちゃんの話を傾聴する。

「心がモヤモヤするとき、モヤモヤはあっちにいけ!って思うんだけど、そうするとモヤモヤがもっと強くなるの」

 

それを聞いて、私はかなり驚いた。というのも、子どもちゃんが話していることは、私がうつになってカウンセラーさんとさんざん話してきたことと同じことだったからだ。

 

カウンセラーさんと私は、怒りや悲しみといった感情は、否定せずに味わいつくしたほうがいい。そういう感情をなかったことにしてまうと、自分の気持ちに嘘をつくことになり、よけいにネガティブな感情が強くなる、という話をしていたのだ。

私が何年もかけ、他者の助けを得ながら理解したことを、5歳児が感覚的に理解していたことに、驚きを隠せない。

子どもって本当にいろいろなことがわかっている。「怒ってはいけない」「悲しんではいけない」という理屈や常識、世間体を大人は信じすぎて、見えるものが見えなくなっているのではないか。

 

私は、子どもちゃんに「すき家の牛丼する?」と尋ねる。

「すき家の牛丼」とは、私と子どもちゃんとの間で最近流行っている遊びで、「すき家の牛丼」と言いながら、ギューっと抱っこをするのです。

 牛とギューっをかけているわけね😉

 

f:id:minaminakun:20170926204706j:plain

 

「すき家の牛丼」で、少しだけ笑顔を取り戻した子どもちゃんは、保育園の教室に一人で向かっていった。

ほっとしながらも、大丈夫だろうかと心配になる私。

でもきっと大丈夫。5歳児とはいえ、大人でもなかなか見えないものに、気づいているようだから。