『男の産後うつ』になったようだけど女装したら治ったみたい

自分が癒やされれば、家族も癒やされる。

私が癒やされれば、家族も癒やされる。そんな関係を模索するブログ。

起業で仕事と家事と育児の両立は楽になるか?

【スポンサーリンク】

私、起業します!😉

11月の退職にあわせて、個人事業主として開業をする予定です。まあ今の仕事も、私ひとりで自己完結ができる専門職みたいな仕事なので、開業後も仕事はほとんど変わらないんだけどね。

 

起業する理由はいくつもあります。もちろん、会社に対する不満も大きいのだけれども、起業すればもっと自律的に働ける――つまり、仕事と家事と育児が両立しやすくなるかも?と期待もあります。

 

 

なんやかんやで会社には縛られる

今の仕事も一人で自己完結できるとはいえ、会社に勤めている限りは会社のルールには縛られるもの。例えば、私は片道1時間弱の通勤をしているのだけれども、これが在宅勤務になるだけで、私の自由な時間は2時間近く増えることになる。

2時間って大きいよ!家の掃除と、その日の晩ごはんの用意くらいなら楽勝でできる。


あと、私の仕事は、時間をかければ成果が上がるというものではない。また、お客さんからの返答を待たなければ先に進むことができない仕事でもあり、どうしても勤務中に手待ち時間ができることがある。そんな手待ち時間、ずっと事務所にいることがムダなので、早く帰れると家事が助かる。

 

でも今の会社はそこまで柔軟な働き方は認めていない。まあ、家事や育児に責任を持ったことのない人が舵をとっている会社だから、私の要望は心底から理解できないだろうしね。そもそも、組織はルールで統制するものだと頭から思い込んでいるものだから、締め付けをキツくする方向に向かってるんだよね。

バカだよね~。時流に逆行してるよね~。私の働き方を柔軟にすれば、私みたいな優秀な社員(笑)は辞めなくて済むのはもちろん、柔軟な会社であることを対外的にもアピールできるってものなのに。

 

子どものお迎えも病気の時の対応も柔軟に

うちの子どもちゃんはまだ保育園(認定こども園)に通っているけれども、小学校卒業までは学童や病児保育を利用することになるので、まだまだだいぶ先まで今の生活リズムを維持しないといけない。

個人事業主だと勤務時間は会社の都合に縛られないので、迎えに行くのも楽になるし、病気の時も病児保育に預けなくても済む。(病児保育所はうちから遠いのでね)

小学校も中~高学年くらいになれば、私が自宅で仕事をしながら、子どもちゃんも一人でいろいろと遊べるようになるだろうしね。

 

収入も増える……かも?

これは私のがんばり次第なのだけれども、収入だって増える可能性はじゅうぶんにある。私、今の会社では10年以上勤めていて、給与がほとんど変わっていない😅

会社への貢献はそこそこの割合があるのに給与が変わらないって、これは何かの罰なのか???とホントに腹立たしく思う。

いや、給与が全てだとはもちろん言わないけど、ある程度の納得感ある額でないと、不満足になっちゃうよね。

まあこれは一般的な会社の構造的な問題でもあって、組織でやると固定費がかさむので、利益が出にくくなるのは当然のことなのだ。不安定ではあるけれども、個人事業主で在宅でとなれば、固定費が抑えられるので、収入もあげやすくなるんだよね。

 

不安定さが最大の難点

もちろん個人事業主なので、誰も生活の保証はしてくれない。その不安定さが最大の難点だろうね。まあそれでも収入がゼロになることはないし、いざとなれば公庫から運転資金を借り入れすれば、その場はしのげる。まあ、固定費がないから、借り入れもそんなに必要ではないだろう。

私は営業歴も長いので、新規の開拓も既存顧客の掘り起こしも、どっちも苦ではない。それにお客さんから「こんなことできない?」と尋ねられたとき、いちいち稟議あげたり会社の承認を得なくても、私の一存で即決できる。

不安定さをカバーできる要因はいくらでもあるはず……(だと願う)

 

楽観的に考えているところもあるけど、果たして起業で私の仕事と家事育児の両立は楽になるのか?

根拠はないけど、なんとかなるんじゃないかな😉

 

f:id:minaminakun:20171014062024j:plain