『男の産後うつ』になったようだけど女装したら治ったみたい

自分が癒やされれば、家族も癒やされる。

私が癒やされれば、家族も癒やされる。そんな関係を模索するブログ。

EVAスポンジシートを使って、お片づけの「仕組み」を作る

【スポンサーリンク】

はさみやノリなどの文具を出しっぱなしにする子どもちゃん。

だから「あれ~?はさみがない」と探し回ることも日常茶飯事。

 

その度ごとに「ちゃんと片づけなさい」と言うこちらもしんどいし、「片づけなさい」と口で言ったくらいで片づけるようになるならば、そもそも苦労はしない。なんとかお片づけを習慣化できないか……と悩んだ挙句、EVAスポンジシートで、よく使う文具の定位置化を図り、お片づけする「仕組み」を作りました😊

 

 

EVAスポンジシート(EVAシート)とは

EVA(エチレン・ビニル・アセテート)で作られた、スポンジのようにソフトなシートです。こんな感じのものですが、ダイソーでは108円で売っています。

私はダイソーで買った、厚さ2mmのものでやりましたけれど、もう少し厚みがあるもののほうが安定性があっていいかな。

 

EVAスポンジシート 10mm グリーン

EVAスポンジシート 10mm グリーン

 

 

作業開始!

やり方はとても簡単。

このEVAスポンジシートの上に、置きたいものをならべて、鉛筆でふちどりをします。そしてカッターで切るだけ。EVAスポンジシートだと切り屑も出ないので、らくらくです😊

f:id:minaminakun:20171109040102j:plain

(柔らかくてカッターが深く入るので、カッティングマットを敷いて切ってます)

 

全部切り抜いたら、ほらこの通り。

 

f:id:minaminakun:20171109040107j:plain

 

切り抜いたところにモノを置けば完成❗

ちょっと余白が多くて、もう少しいろいろ置けそうだなあと思うけれども、口を出さないのが重要。子どもちゃんが楽しくないと、やらされ感を覚えるだけだしね。

f:id:minaminakun:20171109040104j:plain

 

さて、子どもちゃんの反応は……?

うちの子の年齢(5歳)では工作が難しかったようでもあったのですが、楽しそうに作業をしていました。

完成後、切り抜いたEVAスポンジシートにモノを置いたり外したりを繰り返していて遊んでいたので、きっと気に入ってくれたのでしょう😊

 

どこに何を置くかは、すべて子どもちゃんに決めてもらいました。文具類は子どもちゃんが使うものだし、なによりもこういう作業を一緒に楽しくやると、自分で作ったモノに愛着が湧くので、片づけたくなりますからね。

自分で作ったモノに愛着が湧くというのは、ブログをやっている人ならばわかることですよね😉